エルガドを支える ふたりの「チッチェ」

※注意事項※

・本記事はモンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事でのキャラクターや人間関係、世界観の考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

ーーーーーーーーーー


本記事では受付嬢のチッチェ姫を取りあげていきます。王国の王位継承権をもつお姫様でありながら、受付嬢の資格を取得してエルガドに赴任し、猛き炎や騎士たち、ハンターたちの狩りを支える人物です。聞くところによると、巷では何かと賛否のあるキャラらしいのですが、当の筆者はチッチェ姫にけっこうデレデレ……というと何か変な言い方になりますが、作中でも好きなキャラの一人です。今回はそんなチッチェ姫をご紹介していきます。

 

本記事では適宜、公式アナザーストーリーの内容を参照いたしますので、以下のリンクからぜひそちらもどうぞ。

 

 

ーーーー目次ーーーー

  • 1.姫としての使命に燃える
  • 2.みんなのことをよく観察しています
  • 3.特技はセルフツッコミ(?)
  • 4.王女にしておくのはもったいない!?
  • 5.受付嬢チッチェはいつまで?
  • 7.ヨモギちゃんとの関係やいかに

ーーーーーーーーーー

続きを読む

フィールドワークが繋いだ絆

 

※注意事項※

・本記事はモンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事でのキャラクターや人間関係、世界観の考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

ーーーーーーーーーー

 

今回は薬師のタドリと、彼の旧友のひとりである研究員のバハリ、そして彼の弟子である雑貨屋のオボロについて取り上げていきます。タドリはストーリーではMR★4、バハリもMR★3からの途中参戦組であり、その分本編での世間話の台詞数自体が他のキャラに比べて少なめなのですが、その途中参戦が惜しまれるほどの個性派ぞろい。そして、タドリがエルガドを訪れる前から彼の存在について色々と話していた、実は重要な伏線担当だったオボロもこれまた魅力あるキャラクターでございまして、彼らの人となりと関係性について本記事で見ていきたいと思います。

 

なお、タドリのエピソードのうちカゲロウやヨモギ、ツキトの都に関係するものについては、7月に投稿した別の記事の方で紹介をしております。いちおう本記事でもツキトの都の話題はいくらか登場しますが、今回はそちらがメインというよりは、薬師としての彼の経歴と活躍、交友関係などに主に焦点を当てていくという感じで。

 

mhrisecharacter.hatenadiary.jp

 

ーーーー目次ーーーー

  • 1.フィールドワークの達人、薬師のタドリ
  • 2.タドリとバハリの出会い
  • 3.タドリの弟子、雑貨屋のオボロ
  • 4.オボロとカゲロウ

ーーーーーーーーーー

 

続きを読む

続・カムラ加工屋のゆかいな弟子たち

※注意事項※

・本記事はモンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事での考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

ーーーーーーーーーー

 

前回のエルガド加工屋の記事に引き続き、本記事ではカムラ加工屋のメンバーのサンブレイクでの様子をお届けしたいと思います。カムラの里の仲間たちも、サンブレイクでも引き続き会話内容の更新がありまして、エルガドの仲間たちほど更新は多くはありませんが(MR昇格のたびに基本1パターン、たまに2パターンほど)、相変わらず面白い話を聞くことができます。

 

ハモンさんのお話は内容的にイオリくんの記事の方でする予定となっておりまして、本記事では彼の弟子たちの会話を見ていきましょう。

 

ーーーー目次ーーーー

  • 1.ナカゴ&コジリ
  • 2.ミハバ
  • 3.フクラ

ーーーーーーーーーー

 

続きを読む

タマミツネ希少種とヤマトタケルの火攻め伝説、他色々

※注意事項※

・本記事は「モンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事での考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

ーーーーーーーーーー

 

サンブレイクの次回大型アップデートも既に残り一週間を切ってしまっていますが、少し書きたいネタがあったので新モンスターについての雑記。短い記事ですが、たまには(?)モンスターの話もしたいなぁということでお付き合いくださいませ。

 

ーーーー目次ーーーー

ーーーーーーーーーー

続きを読む

実力派揃いのエルガド加工屋の仲間たち

※注意事項※

・本記事はモンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事でのキャラクターや人間関係、世界観の考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

ーーーーーーーーーー

 

Ver.11アップデートの新システム「傀異錬成」の登場で、今や多くのハンターが日夜通い詰めることになった加工屋さん。サンブレイクではカムラの里の技術が王国へと提供され、エルガドの加工屋の仲間たちが新天地での主人公の狩りを支えてくれることになりました。今回はそんなエルガドの加工屋のミネーレと、オトモ加工屋のビス&コッタについてご紹介していきましょう。

 

ーーーー目次ーーーー

  • 1.カムラの里から王国への技術提供
  • 2.世界を旅する適応力の天才、加工屋のミネーレ
  • 3.オシャレを愛するエルガドのオトモ加工屋コンビ、ビス&コッタ
  • 4.おまけ

ーーーーーーーーーー

続きを読む

やたらと自己肯定感が高い特命騎士たち

 

※注意事項※

・本記事はモンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事でのキャラクターや人間関係、世界観の考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

ーーーーーーーーーー

 

サンブレイクの物語の裏で重要な役割を果たしてきた、王国の「特命騎士」たち。本編での彼らの任務とは、ストーリーをクリアされた方ならご存じの通り、王国に伝わるおとぎ話に登場する「深淵の悪魔」とされる存在を追うことでした。

 

エルガドの騎士たちを率いる提督のガレアスは、50年前のメル・ゼナ襲撃の時、メル・ゼナのものとは違う大きなうなり声が響き渡るのを聴き、それが「深淵の悪魔」のものであること、そして深淵の悪魔はメル・ゼナと何か深い関わりがあることを確信していました。そこで、今回の王国の異変に際し、メル・ゼナの出現に伴なって再び深淵の悪魔が出現するのではないかとガレアスは予測して、特命騎士たちに密命を与えていたのでしょう。

 

特命騎士たちの任務が何なのかが長らく伏せられていた理由は、おとぎ話に登場する「空想上の存在」であるはずの悪魔を探す、という一般的にはとても信じられないようなその内容によって、人々を動揺させることがないように、という配慮の故でした。最初こそ「セルバジーナとラパーチェは何をしている人なんだろう?」と疑問に思う方も多かったことでしょうが、そのような任務ならばそれもそのはず。むしろそれだけの困難な仕事を任される立場であるということは、やはり彼らの実力も相当なものであることが窺えます。

 

で、そのセルバジーナとラパーチェがどんな人なのかといいますと、一言でまとめれば2人とも「超・自分大好き人間」なんですね。まあ、自分大好きとはいってもよくある「嫌味なナルシスト」的な感じというわけではなく、普通に人当たりもよく好印象な人柄ではあるのですが、それにしてもめちゃくちゃポジティブ思考で自信家な性格なのです。

 

ということで、今回はそんな特命騎士の2人をご紹介。

 

ーーーー目次ーーーー

  • 1.高貴なる特命騎士隊長・セルバジー
  • 2.エルガドの歌姫・ラパーチェ

ーーーーーーーーーー

続きを読む

騎士フィオレーネの成長物語

 

※注意事項※

・本記事はモンスターハンターライズ:サンブレイク」全編のネタバレを含みますのでご注意ください。
・本記事でのキャラクターや人間関係、世界観の考察に関しては、作中で判明する設定を基にした筆者の推測を含む箇所が多くありますことをご了承ください。
・筆者は2021年12月17日発売の『モンスターハンターライズ 公式設定資料集 百竜災禍秘録』を未読の状態で執筆しております。
 現在または今後公開される公式設定が、本記事での考察内容と明確に異なる(=本記事での考察内容が誤りである)ことがある可能性がありますことをご了承ください。
・本記事の内容は、記事を改訂すべき点が発見された際には、予告なく加筆修正を致します。

 

ーーーーーーーーーー

 

本作の主要キャラの一人であり、作中では主人公ハンターの相棒、あるいはもう一人の主人公とも言える存在であるのが王国騎士フィオレーネさん。サンブレイクのストーリーの主軸は「王域生物の異変の謎を追う」ではありますが、もう一つの側面として「騎士フィオレーネの成長物語」というものがあるようにも思われます。

 

フィオレーネは真面目で責任感が強く、王国騎士の使命に忠実で、他人に対しても非常に丁寧。基本的にはとても好感の持てる人柄である一方で、その性格が強すぎるあまり、自己犠牲的で危うい面がある人物でもあります。本編ではそんなフィオレーネが、「王国のために自らの全てを投げ打つ」のではない騎士としてのあり方を掴みとっていく様子を私たちは見届けていくことになります。

 

フィオレーネのそうした良くも悪くもある性格については、本人の言葉のなかにもそれを窺わせるものがありますが、彼女の上司であるガレアス、妹のロンディーネを筆頭に、他のさまざまなエルガドの仲間たちからも色々と話を聞くことができます。彼女に関わりのある人たちのそれぞれの人となりにも触れていきつつ、彼らの言葉からフィオレーネの元々の人物像についてまずは考えていきましょう。

 

ーーーー目次ーーーー

  • 1.フィオレーネを想うエルガドの仲間たち
  • 2.フィオレーネに転機が訪れる
  • 3.ライズ&サンブレイクのヒロイン姉妹

ーーーーーーーーーー

 

続きを読む